Qactus

QactusCore-method

Contents

pagetop

STAGE-3

a. その楽曲は、Qactusと相性の良いキーでできているか?

「4つのフィルター」のうちの第一項目、「その楽曲は、Qactusと相性の良いキーでできているか?」については、既にそのキーの特定方法を紹介したので、具体的な方法は割愛します。

Qactusを2フレットにセットしたギターは、以下の楽曲キーとの相性が良い、というふうな説明をしましたね。

・A
・D
・E


これが、先に説明した“「歌詞&コード」を「-2」の設定に…”のくだり(ステージ2の、2)によって、このような状態に変化します。

・G
・C
・D


さて、ちょっぴりややこしい流れになってきましたが、ここが踏ん張りどころ。
Qactusを使用するにあたり、ここまでの基礎知識はカットできないため、ややこしくも「A」、「D」、「E」のキーにはきちんと触れておきましたが、しかしここからは「G」、「C」、「D」に完全に切り替えて進めていきますので、しっかりとついてきてください。

【QactusCore-Method】ダイアトニックコード2

これが、「-2」のくだり(ステージ2の、2)によって変化した「Qactusと相性のいいキー」のイメージです。
その章で、Qactus使用時「表示されているコードネームと、実際に“音”として鳴っているそのコードは、音程が異なる」という説明をしましたよね。

「歌詞&コード」のサイト上にある「キーを変える機能」の設定が「-2」の状態になっていない(つまりオリジナルのキーの)場合、Qactusと相性のいいキーは「A」か「D」か「E」。
しかしその3つのキーも、「キーを変える機能」の設定を「-2」の状態にした途端、Qactusと相性のいいキーは「G」か「C」か「D」に変わり果てる、ということです。

念のため、別の言い方をします。

選曲をする際は「オリジナルアーティストのキー」で書かれたものを参照する訳なので、「A」か「D」か「E」のいずれかのキーでできている楽曲を探すことになりますが、演奏する際は「-2」に設定し、以降は「G」か「C」か「D」のキーに完全に頭の中を切り替えてギターを弾く、ということです。

なので、選曲の際に「G」か「C」のキーを探しにいくと、あとで大変なことになりますね。(「D」のキーは幸いどちらにもあるので、勘違いで進めてしまっても問題なし)
という訳で、「歌詞&コード」側の設定が「-2」の状態で表示されるそのコードたちに関しては、以後この図を参照すれば大丈夫。


さて、重要な件なので少々膨らんでしまいましたが、ここでの本題は、「Qactusと相性の良くないキーの楽曲をどうするか」です。

実は、どんなキーの楽曲でも、案外何とかなる可能性はあります。
「音楽のしくみ」の中に、「移調」という手段があり、たとえどのようなキーであっても、都合の良いキーに変えてしまうことができるのです。

「移調」が必要なシチュエーションは、いくつかあります。

クラシック音楽などは別として、少なくとも現代の音楽を演奏するのならば、「移調」の理由は主にこの二つのみと考えて大丈夫。

前者の「移調」は、結果、オリジナルアーティストと同じキーでの演奏ではなくなるため、音源に合わせて演奏することができなくなります。
ただし、音源を使わずに自分ひとりで弾き語りする範囲ならば不都合は起きないので、「バンドではなく、ひとりでギターを弾いて歌いたい」という人には良い選択となり得ます。

後者の「移調」も、オリジナルの音源に合わせて練習したいという理由さえなければ、都合の良いキーに「移調」してしまえばよいのです。
だとしたら、あらゆるキーがQactus向きのキーに「移調」可能となり、「4つのフィルター」のうちの第1項目、「楽曲がQactus向きのキーでできているか」は100%クリア……ですよね。


これ以上難解になるのを避けたいので、ここで一旦、一件落着としましょう。


しかしながら、音源に合わせて練習したい、というビギナーも少なくないので、ここからは果敢に、音源と同じキーを保ちつつの「移調」に挑みます。
ただ、ここからは「音楽のしくみ」をある程度きちんと理解している人のみを対象に進めるので、該当しない人は迷わず次項「 b) 」へスキップしてくださいね。


ステージ3『はじめに』
ステージ3『R指定・追加講義』

pagetop