向上意欲に限界を作らずQactus卒業へ導く機能

向上意欲に限界を作らずQactus卒業へ導く機能

カクタス+ギターでの「生ぬるい」は成長の証

Qactusを使って指1本で毎日少しずつの時間でも遊んでいるうちに、運指や撥弦の感覚は(本人がそれに気付くかどうかはさて置き)当然向上していきますよね。

最初の頃はヒーヒー言いながら追っていた筈のこの指1本での演奏が、気付けば簡単に思えてきて、大したエネルギーを注がずともサクサクと動くようになります。

 

““指1本"

 

実はQactus、「指1本じゃ生ぬるいなぁ」と感じ始めたビギナーをステップアップさせる重要な機能を持っています。

 

徐々に本来のギターコードフォームへ

仮にあなたが「指1本じゃ生ぬるいなぁ」なんて思い始めたとしましょう。

しかし次のステップがいきなりQactusの卒業つまり本来のコードフォームだとしたら、それはハードルが高すぎますよね。

※コード「D」の、本来のコードフォーム

“コード

上記はたったひとつのコードなので時間をかければ何とか押さえられるかも知れませんが、ギターを弾く際は、もちろん様々なコードをテキパキと押さえていく「コードチェンジ」という作業があり、コードは一瞬で確実に押さえられなければなりません。

しかしながら指1〜2本程度のフォームで演奏できるQactusを使い、ある程度の練習を積めば、誰でも指1〜2本程度でならコードチェンジできるようになります。

ここで先ほどの指1本のフォームに対し、他に押さえやすい指をひとつだけ追加してみると、単純に難易度は「指1本」→「指2本」というふうにアップしますね。

ギター

この状態で引き続き練習していくと、そのうち2本指でのフォームにも慣れてきて「指2本でも簡単だ」と思うようになります。

そうなったらまた他の押さえやすい3本目の指を探し、同じように更に追加してみる…といった感じで、自分自身のペースでレベルアップしていきます。

こんなふうなことを繰り返していくと、当然最後には本来のフォームでも運指がストレスなくテキパキとできるようになり、Qactusのお世話にならずともコードチェンジがスラスラっとできるようになってしまうのです。

 

なぜカクタスはギターでこんなことができるのか

時々「Qactusは要するにオープンチューニングなんでしょう?」なんて言うギター経験者がいますが、もちろんオープンチューニングだったらこんなことは不可能です。

Qactusでは、指1本のフォームも、この本来押さえるべきフォームも、基本的には同じようにそのコードに調和するようにできています。

この仕組みについては長く難解な説明を避けて通れないため、この先はQactusCoreメソッドに委ねます。

 

いきなりたくさんのコードをテキパキと処理できないビギナーにとって、コードさばきの壁は非常に高く、実際ここで多くのビギナーが打ち砕かれていますが、Qactusのこの機能により、まずは指1〜2本程度の作業を起点に、ひとつずつ本来のコードにフォーカスしながら徐々にコード運指のトレーニングを積むことができる訳です。

これは、個々のペースで段階的に越えていける、これまで初期段階のギター教材では果たせなかった革命的手法であり、実際にビギナーを「これまでに8割のビギナーが越えられなかった地点」へと導くことに成功しています。

こんなふうに個人個人の成長段階に寄り添うフレキシブルな養成方法でない限り、多くの挫折者を救うことはできません。

ビギナーの向上意欲に限界を作ることなく、ビギナーのバイオリズムにしっかりと寄り添って確実に養成する機能の結晶、これがQactusなんです。

 

カクタスはギターのための「教育ツール」

Qactusの凄いところは実はこういった説明しにくい絡繰りにこそ詰まっていて、それらをきちんと理解した人にはQactusが前例のない極めて画期的な教育ツールであることに気付くのですが、きちんと理解できていない人はQactusは「ギターを簡単にするオモチャ」だと誤解するんです。

ちなみに、プロギタリストやギター講師などのいわゆる上級者でも、これをきちんと理解する力のある人と、ない人とがいます。

ある意味、これほどの養成プロセスがきちんと理解できる音楽スキルを持っているのかどうかの「踏み絵」になると思います。

 

いえ、ビギナーに皆さんはそんな難しいこと考える必要もなく、Qactusが導く方法にきちんと身を委ねれば大丈夫。

指1本でも、本来のフォームでも、同じコードに調和するというこの強みをフル活用し、目的の壁を乗り越えていってくださいね。