タグ:ディストーション

1/4ページ

グルーヴの正体〜従来のギターメソッドとQactusカクタスの力

Qactusで再起をかけようというギター挫折者の皆さん、あるいはそこそこ長くやってるのに上達せずお悩みの皆さん。 楽器挫折者救済合宿主宰でありQactus開発者の私がなぜメトロノームでの練習を推奨するか、今回きちんと説明しておこうと思います。      これはビギナーに限らずですが、メトロノームは「リズムを矯正するマシン」だと思われている節があります。 メトロノームを使った練習というのは、「リズム […]

音楽表現を引き出すために

ビギナーに軽視される「撥弦」 ビギナーや挫折者に「ギターの何が難しいの?」と聞くと 頑張ってもF(のコード)がうまく鳴らない 自分は手が小さいからコードが押さえられない 弦を押さえる指先がジンジン痛い …などなど、コードを押さえるほうの手(多くは左手、サウスポーギター使用の場合は右手)ばかりに言及しますよね。 みんなよっぽど嫌な目に遭ってるんですね。そんなに嫌ですかね、初期段階でコードが上手く押さ […]

キーを特定の範囲に収める理由

キリバヤシ様   QactusCore Method、熟読しました。 先日のトークライブで聞いたことがよく理解できました。 (「B7の1弦がミュートされる」の下りは、さすが現場の経験!と唸りました。)   一点だけ分からないところがあります。   Stage 2-2で、「通常のギター」と「Qactus装着時」の図までは理解できますが、なぜ「Qactus装着状態で構成音を探すために使用する、音程ガイ […]

QactusCore-カクタスコアの正しい読み方

QactusCore-カクタスコアは簡単?それとも難しい? QactusCoreは、その方法をきちんと知ろうとしなければ読みづらいです。なぜなら 既にギター演奏のスキルがある層のために、詳細情報が記載されている 英語圏のユーザーのために、並行して二か国語で表示されている QactusCoreに限らず、音に関する情報を活字で表すと難解になる ほとんどの人はまだQactusCoreのようなものに触れた […]

Qactus-カクタスによるドローン弦効果、開放弦の強み

演奏スキル、音の長さとの関係 昨今のHDDレコーディングシステムで仕事をしていると、データ上で演奏スキルの差が思いがけず見えてしまうことがあります。 ギターのような弦楽器のたぐいでよくあるのは、「演奏が上手な人の音は長め、あまり上手でない人の音は短め」という傾向。 ちなみにここでいう長さというのはいわゆる音符の長さのことではありません。 例えば演奏スキルに大きな差のある二人のプレーヤーがギターで同 […]

1 4